大好き伊豆ナビ

祝・世界遺産登録!韮山反射炉

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 A子

伊豆初ついに、世界遺産

 明治日本の産業革命遺産として、

2015年7月に世界遺産登録された

いま熱い韮山反射炉に

東京出身のA子が行って参りました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊東マリンタウンより車で約40分

静岡県伊豆の国市・韮山にある世界遺産「韮山反射炉」

実際に稼働した反射炉としては、

世界で唯一現存しているものなんだヨッと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わー高いけど、写真で見るより小さい。

これは、4基ある煙突。天を衝くようにそびえ建ってるヨッと

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ド-----ン!!

高さ約16m、幕末期に建てられたものとは思えないよ(興奮

反射炉ってなに?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ん?でも反射炉ってなに??」(←A子、 知らないのかヨッと

というわけで、早速ガイドさんに説明をきくA子。

韮山反射炉には、ガイドさんが常駐しており約20分ほどかけて

無知なA子とカモメ隊長にも、わかりやすく説明してくださいます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

反射炉、、、たしかに耳慣れない言葉だヨッと

反射炉は、鉄製砲を鋳造するために必要な溶解炉のことで、

幕末、1853(嘉永6)年ペリー艦隊が下田に来航した頃、

「日本も近代的な軍事技術を取り入れなくては!」と

江戸幕府が命じ、武士たちによって

オランダから日本に取り入れられた技術をもって造られました。

伊豆の武士だけではなく、蘭学に通じた佐賀藩の技術者たちとの

技術交流もあり、佐賀でのノウハウを活かして反射炉完成に至ったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな反射炉の名前の由来。

「 熱を炉内で反射させ、鉄を溶かすから反射炉というんです!」

力説されるガイドさん。なるほど---ガッテン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

反射炉の中は、天井部分が浅いドーム形になっており、

そこに石炭などを燃料として発生させた熱と炎を反射させて

一点集中させることで、高温を実現する構造だそうです

なんと1300℃もの高熱で鉄を溶かし、型に流して大砲を造ります。

溶かす鉄は、銑鉄(せんてつ・鉄鉱石から直接製造した鉄)といわれ

現在の東北・釜石から、静岡県沼津港へ船で運ばれてきたそうだヨッと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

15mもの反射炉の土台となっている石壁は、伊豆で採れる

伊豆石(いずいし)でできてるそうだヨッと

伊豆石、伊豆半島ジオパークでもよく見るよね ふむふむ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

反射炉は、はじめは伊豆・下田で建設予定でしたが、

工事中の反射炉敷地内にペリー艦隊の水兵が侵入する事件があり、

急きょ、ここ韮山に建設地を移したそう

下田より車で約1時間半の韮山なら、水兵さんも来れなくて安心だヨッと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外観の煉瓦は、伊豆天城山産出の土で焼かれた焼き石で

1700℃まで耐えられるとのこと。

なんと、すべて合わせて約4トンの焼き石が使われています。

高温になる反射炉をしっかり守ってるね

ちなみに格子状の鉄骨は、倒壊防止の補強。昔はなかったそうだヨッと

世代を超えて、大切に保存されている証拠だね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鉄を溶かした後には、鋳造した大砲を冷やさなければなりません

当時は、反射炉の周りに鉄を冷やすための鍛冶小屋や細工小屋、水車も併設され

大砲生産の工程を担っていました。

そのあとを偲ぶように、今では敷地内に池があるヨッと

韮山反射炉は、そうした建物すべてを含めた製砲工場として、

「明治日本の産業革命遺産」としての重要な価値を持っているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジャ---ン!!

そして、できた大砲がこれ(写真はレプリカ)

「鉄製24ポンドカノン砲」という名前だそう。立派だヨッと

これぞ、ニッポンの近代化の夜明けぜよ!(なりきり歴女A子)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

韮山反射炉を使って溶かされ、精製された鉄はおもに大砲になり、

現在の東京・お台場に設置されたんです

大砲を置く「砲台場」だから、お台場っていうんだ

東京出身A子、目からうろこ-----

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大砲は、海外圧力を牽制するのが目的だったので、

当時、実戦には使用されませんでした。のちの日露戦争で使われたそう

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界遺産登録でにぎわう、韮山反射炉

幕府の命で反射炉を造るのに、当時の武士たちは3時間くらいの睡眠で

急ピッチで建設したそう

「ひえーそれってブラック企業じゃん…」と心の中でつぶやく歴女A子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幕末武士たちが、蘭学を研究し、国の威信をかけて

力を合わせて造った韮山反射炉

「これぞ、日本のモノづくりの原点!」

とガイドさんが力強くおっしゃるのが、印象的でした。

ガイドさんによる説明で、イチから反射炉のことが理解できたカモメ隊長とA子。

幕末、諸外国に対抗するために蘭学を学び、武士たちの手によってつくられた反射炉。

そのモノづくりの熱い大和魂が世界に届き、世界遺産登録となったのでしょう

 

韮山反射炉を作った武士

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

韮山反射炉前に立ってる、イケメン風な武士の像

江川英龍(えがわひでたつ)

正式名:江川太郎左衛門英龍(長いっ!)

この方が、韮山反射炉を造りました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

韮山反射炉と、江川英龍と、カモメ隊長。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのすぐ前には「反射炉物産館」というおみやげ店が

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

反射炉ラムネって…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただの黒豆、ではなく大砲豆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

韮山反射炉を造った、江川英龍。

実は、日本で初めてパンを焼いた日本人「パン祖」でもあったんです

パンは当時、保存食(兵糧)として焼かれたそうで、

いまではそれを記念して毎年「パン祖のまつり」という、

パンのお祭りも、ここ韮山でひらかれます

売られているのは、江戸時代からの味を完全再現した復刻パン

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

反射炉は、ここ韮山の他に山口県萩市にも試験炉が残ってるけど、

実際に稼働した反射炉として世界で唯一現存しているのは、

この伊豆・韮山反射炉だけ

 いま、盛り上がってる世界遺産・韮山反射炉

ぜひ伊豆にお越しの際は、立ち寄って伊豆の歴史を感じておくれヨッと

次回、韮山反射炉を造った武士、江川太郎左衛門の生家「江川邸」へつづくヨッと…!

乞うご期待~!

韮山反射炉 詳細データ

 住所

 静岡県伊豆の国市中字鳴滝入268

 営業時間

 9:00~16:30

 料金

 大人100円/小・中学生50円

障害のある方:無料
(1人に付き介添え2人まで無料)

 ガイド料

無料

 定休日

 年末年始(12月31日~1月1日まで)

 駐車場

 あり

 アクセス

車:伊東マリンタウンより車で約40分

電車:伊豆箱根鉄道「伊豆長岡駅」から徒歩15分程度

無料シャトルバスあり

 HP

伊豆の国市