大好き伊豆ナビ

象牙と石の彫刻美術館〜ジュエルピア〜

20140907-145708-8848[1]

特派員A子が行く!
今回は2014年に伊豆高原に移転オープンした
「象牙と石の彫刻美術館ジュエルピア」をご紹介します。


ako-autumnこんにちは!
伊豆に引っ越してきて5ヶ月の特派員A子です。

伊豆高原に新しく移転オープンした象牙の美術館があるとのこと。
これは行かねばーーー!!
というわけで、A子&ドS営業O氏で芸術の秋を満喫じゃ〜!!

↑取材に行ったのが秋だったから、A子のあたまに何かついてるヨッと!(笑)

 

象牙と石の彫刻美術館〜ジュエルピア〜

2014年9月1日、西伊豆・土肥から伊豆高原に移転オープンした
象牙と石の彫刻美術館〜ジュエルピア〜

東洋の象牙彫刻100点を中心に、世界最大の宝石屏風や翡翠彫刻などの美術品を収蔵しています。
展示作品は約270点。そのいずれもが国宝級!
ワシントン条約により象牙の輸入が禁じられた今、こんな数をみられるのは世界的にここだけなんです!

 20140907-154138-7969[1]

 

 

移転オープンした際のセレモニーの様子。大々的にテープカットが行われました!

移転オープンした際のセレモニーの様子。大々的にテープカットが行われました!

 

 

20140907-153946-5641[1]

早速入りまーす!わ〜きれい!!

 館内にはお祝いのお花がいっぱい!
真ん中には、
なんとマンモスの牙が!!
 早速入りまーす!わ〜きれい!!

 

20140907-154232-1742[1]

いきなり巨大な牙〜!!これこそ象牙!
普通は折れてしまうので、完璧な形で残っているのは貴重なんだそう。

20140907-154330-5878[1]
アフリカの像の牙なのか…。なんと重量47キロ!!!
牙だけでほぼA子の体重と同じ!!アフリカの象、恐るべし。。。

20140908-141847-6597[1]

中国から輸入された作品。
遠目にみると一本の象牙を彫っているのがわかりますね。。。細かい!!!

20140908-142132-7994[1]

龍のひげの細いことっ!!
すべて象牙でできているとは、間近で見ても信じられないくらい…。
中国の職人さん、、、すごすぎる。

 20140907-154631-8311[1]  20140910-151328-4673[1]
 こちらも
一本の象牙から作られたという作品。
 説明によると中国の古典「紅楼夢」の
ワンシーンを表現した作品だそう。
歴女A子的には萌え萌えの作品♡

これを、あえて象牙で表現しようと思った
中国の職人さんのスケール、
ハンパない!!!

20140908-115410-4290[1]

つづいて…こちらは「玉帝巡東海」という作品。
細かーーーーい!A子感動っ!!!

20140908-115928-3022[1]

なんと親子2代かかって製作されたもの。
親子2代が一生をかけて作ったという人生に、さらに感動。。

20140908-115715-8044[1]

皇帝のお供の女官たち。衣装や旗が、本当に風が吹いているみたい!
幻想的〜!中国歴史ロマンだわ〜。←萌えるA子

20140908-115750-7684[1]

イキイキと掘られた女官たち。楽しそう〜!A子もこの世界に入りたい。
手には手相も掘られているそう。肉眼では見えないくらいの細かい技!!

20140908-115803-6503[1]

ハープの弦の一本一本も、メイドイン象牙!!
折れてしまいそう!!この職人技にも脱帽だけど、
保管しているこちらの美術館の保存力もすごいです。
こんな繊細な彫刻、生まれて初めて見たーーーーー!!!!!

20140908-120530-7804[1]

つづいて、もっとすごい象牙彫刻キター!!!
『娯楽昇平』という作品で、なんと親子3代かけて製作された作品で、
ワシントン条約前に日本にやってきた最後の作品と言われています。

 20140908-120603-8975[1]  20140908-120603-4144[1]
 なんと、遠近法を用いて作られた作品で
奥行きを感じられるんです。
ぜひこれは、直にご覧頂きたい!!!
 こちらの灯籠は明かりが
実際につけられうそう。
凝ってる!!
(展示では消してあります。)

 

 20140908-120741-4343[1]  20140908-120741-1101[1]
 こちらは小さめな象牙彫刻。
三国志のワンシーンがモチーフです。
小さいので、よけいに細かい!!
躍動感のある戦闘シーンにドキドキの私。

 

 20140908-120814-9972[1]  20140908-141233-6629[1]
三国志の戦闘シーンから
打って変わって、
かわいらしいボクちゃんの
彫刻も。
 蟹小僧?ナイスな
ネーミングですね。
中国象牙彫刻展で
優秀賞を受賞したらしいけど…

 

20140908-120825-1396[1]

かっ…籠の中に蟹が!!!蟹がーーーー!!!
どうやって彫ったの???!!!
なるほど、これは優秀賞だ!!籠の編み目も細かい〜!

 20140908-120906-5321[1]  20140908-121253-3277[1]
 ちょっと場所移動を移動して、
石の彫刻エリアへ。
 なんと、
すべて翡翠でできてるそう!!!
贅沢!!!
高価な翡翠彫刻に
思わず息をのむ営業O氏。

 

20140908-121428-9898[1]

つづいて、こちらは翡翠のベッド!!
素敵〜♪ 中国のお姫様ベッドだーーー♡
A子これ欲しい〜!

20140908-141416-2606[1]

こちらは1本の木で創り上げた彫刻作品。

20140908-141529-4011[1]

わたしより大きい巨大彫刻。
これを家に飾ろうとして作ったのかな…?
どんだけ広い家なんだその人。。。

 20140908-141455-3591[1]  20140908-142426-2397[1]
 色彩鮮やかな桃の彫刻。
本物の桃みたいで美味しそう!
 空洞にした石の内側に色を塗って製作したものだそう。
これだけの桃を作るには、
すごい時間と労力が
いるんだろうな。
それにしても、
美味しそうな桃だな〜。
(食欲優先のA子)

 

 20140908-141704-2496[1]  20140908-141704-2492[1]
 こちらはひとつの石に彫刻を施した作品。  天然石の色と模様に合わせて
予めデザインをし、
彫り上げた作品だそう。
すごい想像力と制作力!
ひとつの石なので、失敗が許されないんだろうな…ひえー
中にはありがたい中国の神様が。

 

20140908-142250-9989[1]

これは必見!!108枚からなる「楊貴妃物語」
色々な宝石貴石を組み合わせて作られた屏風で、
楊貴妃の一生を表現しています。

 20140908-142617-5585[1]  20140908-142618-4000[1]
 すべて宝石貴石でできているとは
信じられないくらい精密です。
色とりどりの石が貼り合わされて
こんなすごい絵が完成してます!!

 

20140908-142640-1037[1]

つづいて中国といえばコレ!
みんな大好き西遊記のコーナー♪

 20140908-142717-3629[1]  20140908-142718-5398[1]
 説明をきくA子、営業O氏に
隠し撮りされる。。。
三蔵法師と孫悟空、猪八戒、沙悟浄が旅立つシーン。
本家中国では沙悟浄は、
河童ではないんです〜
川?水?の妖怪らしい。。。
すべて宝石貴石でできてます!

20140908-142835-5604[1]

躍動感のある名シーン!孫悟空が一本の毛から分身を作って闘うシーン!かっこいい!
この西遊記の石の屏風は、もともとは個人の家の観賞用にあつらえたものだとか…。
どんだけ広いんだ、中国の人の家…。

 20140910-144217-1410[1]  20140910-144400-1753[1]
 展示を見終わって、やってきたのは
体験コーナー♪
 わー!きれいな石やビーズがいっぱい!
好きな石を選んでブレスレットを有料で作れます♡

20140910-144417-1990[1]

こちらは、スイーツデコが作れるコーナー。
美味しそう(←もはや食欲の秋でしかないA子)

20140910-144432-3753[1]

いろんなトッピングが選べて、こんな可愛いスイーツデコが作れちゃう。
なにげに、ドS営業O氏が作っていて意外…。こんな可愛い趣味があるとは!!!

 20140910-144520-2198[1]  20140910-144520-3837[1]
窓に吊るして光を集めるサンキャッチャーも
製作体験できます。
キラキラ!これを窓に吊るしてA子も女子力あげんと…!
と思っているところに、
またしても営業O氏が作ろうとし出す…。
O氏、キャラ変更ですか?!

20140910-162749-6732[1]

とにかく「すばらしい!」の一言につきる作品の数々。

中国の歴史に思いをはせつつ、中国の伝統美術の奥深さに感動・感動・感動でした!!!

こんなハイレベルな芸術作品が、ここ伊豆で見られるとは!

それだけでも、伊豆に引っ越してきて良かった〜(涙)

A子、個人的にもう一度行って、ゆっくり見たいです☆

こちらのコレクションは、台湾の故宮博物館をしのぐとも言われており、

本場中国のコレクターの方々も垂涎のまなざしを送っているそう。

ワシントン条約が施行された今、これだけの象牙作品を見られるのは、ここしかありません!!

ぜひ、お運び下さい!すごいスケールの中国の情熱が待っています!!

 

詳細データ
象牙と石の彫刻美術館〜ジュエルピア〜
所在地:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1096-1
TEL:0557-48-7777
※国道135号線沿いにあります。大きなオレンジのゴリラ像のすぐ隣。

電車をご利用の場合
JR伊東駅よりバス35分・タクシー35分
JR熱海駅 → 伊東駅 → 伊豆急伊豆高原 → バス10分・タクシー10分

自動車をご利用の場合
伊東マリンタウンより車で約20分
◎東名厚木IC → 小田原厚木道路 → 石橋IC → R135 →
 熱海よりR135を約25Km。30分
 伊豆スカイライン → 天城高原 → 伊豆高原
◎東名沼津ICより伊豆縦貫道 → 伊豆中央道 →
 大仁 → 宇佐美大仁線・宇佐美 → R135約18Km30分
 修善寺 → 冷川バイパス → 伊豆高原