大好き伊豆ナビ

歴女と旅する「下田開国博物館」編

「開国してくださいよ〜」と日本にせまって来たペリー。

そんなペリーが来たのは、なんとここ下田。

江戸(東京)から伊豆に引っ越してきて2ヶ月のわたくし特派員A子。
何を隠そう歴女なんです。下田をスルーするわけにはいきませぬ。

それでは下田に、わらわも上陸じゃー!

ニッポンの夜明けぜよ!(←意味不明)

01

下田開国博物館の入口到着!

02

おとなりは2号館。

03

受付に入ると、歴史クイズ!! や、やりたい…!!
歴女のツボ押さえてるわ〜

04

1Fの館内に入ると、いきなりお祭り騒ぎ!
下田太鼓祭の再現です。

05

この表情

おまつり男をあとに、2FへGO!

が、しかーし、2Fは貴重な史料があるので写真撮影NG!

でしたので、私が見たものをご説明します!

吉田松陰と下田物語

06

この人、ご存じ!吉田松陰。

来年の大河ドラマは、吉田松陰の妹が主人公ということで、ここ下田も盛り上がってます。

なぜって?
松蔭は松下村塾を開いた幕末のヒーローだから!

というのもそうですが、実は吉田松陰、

「黒船に乗り込み密航させてもらおう」

と考えたのです。

07

「外国文明を徹底的に学んでやろう」ってことね。

松蔭さま、勉強熱心なんだから

しかし、あっけなく捕まる…。

歴女ドン引きです。

 

この後、松陰は牢獄に入れられます。

その牢獄があったのが、
現在の「下田開国博物館」の駐車場なのです!!

ひえー!知らなかった。
松陰さま、いまここ駐車場ですけどー!?

歴女も松陰さまもビックリの新事実。

しかし歴女、その駐車場の写真を撮り忘れるという痛恨のミスーーーー!!!

08

というわけで、代わりに帰りに撮った下田の海の写真をお楽しみください。(←なんだそれは)
まだ6月なのに下田の海、ハンパない!

 09  10
さあ気を取り直して、
黒船来航の展示コーナーへ!
(画像提供:下田開国博物館)
江戸時代の画家が描いたペリーの肖像画
こんなだったけ…?

 

11

博物館のお土産屋さん。下田土産が揃ってます

 

その他にも、黒船に搭載されていた本物の備品や、生活品の数々も現物で展示されていました。すごい!!

なんと、ここ下田開国博物館は、

あの「ミシュラン」にも選ばれているスポットなんです!!

本物志向の歴女、歴男には大興奮の開国ロマンが、ここにあります。

江戸出身のわたくしA子、もう下田に夢中です!!!!

【基本データ】

12

下田開国博物館

営業時間 8:30~17:30(入館は17:00まで)

入館料大人 1,000円 子供(小・中学生)500円
(下田開国博物館のHPにてWeb割引あり)

無料駐車場あり