大好き伊豆ナビ

3月27日下田宝福寺「お吉まつり」が開催されました。

下田宝福寺お吉まつり

 A子

こんにちは!東京出身のA子です。

毎年3月27日、市内のお吉ヶ淵と宝福寺で、開国史の悲劇のヒロイン・お吉の供養祭がとり行われます。

特派員A子も、お吉の波瀾万丈な人生を悼み法要に参列してきました。

唐人お吉とは

okiti

お吉は、幕末の米国総領事「タウンゼント・ハリス」に仕えた元芸者さんです。
当時下田一の売れっ子芸者だったお吉さん。
お国の命で開国のための重要な役割となるため、婚約者と別れてハリスに仕えることになったそうです。

しかしハリスに仕えたのち「唐人の世話をした」ということで、
壮絶な差別を受けたそうです。(「唐人お吉」は、日本人のお吉に対する蔑称)そして最期は、現在のお吉が淵にて入水自殺をし、その人生を終えました。

身寄りのなかったお吉を、当時の宝福寺の住職が弔ったことから、宝福寺にお吉のお墓があります。

 

お吉が淵(おきちがふち)法要 お吉127回忌

お吉が淵

 伊豆急行「下田駅」の1つ手前の「蓮台寺駅」から、川沿いを歩くこと約10分。

 お吉が身を投じ、51歳の生涯を終えたお吉ケ淵があります。

こちらで「お吉が淵法要」が行われます。

この日は、あいにくの雨。実は、例年お吉の命日は雨が降るんです。

地元では「お吉が泣いている、無念雨」と言われているそう。

お吉は、どんな思いで、ここに身を投げたのでしょうか。 お吉まつり

現在、淵は残っていませんが、池のある小公園になっていて池には 鯉が泳いでいます。

 午前10時から始まる法要に、関係者や下田の芸者の方々が池周辺に集まります。

あでやかな下田の芸者衆。

下田の芸者の方々は、大先輩であるお吉の命日だけはお座敷を休み、お吉の死を弔います。

右上には、宝福寺のご住職の姿。

お吉まつり

ご住職の読経終了後、芸者さんによる、池への鯉の放流が行われました。

 

宝福寺墓前法要

お吉まつり

場所を移して、お吉の墓がある宝福寺で法要が行われます。

お吉まつり

境内の前には、屋台も出店され数多くのお客様が集まっています。

お吉まつり

お吉の墓前には、献花台が設けられ華やか。お吉もさぞ喜んでいるでしょう。

かつて舞台などで、お吉を演じた名だたる俳優さん達からお花が贈られています。

下田宝福寺お吉まつり

地元の関係者、芸者さんの方々、子供たち、観光客など多くの人々が参列し献花をしました。

A子も献花させて頂きました。

謁見の間

宝福寺内には、坂本龍馬が脱藩の罪を許された、勝海舟と第15代土佐藩主山内容堂の「謁見の間」が現存していて、見学することができます。(唐人お吉記念館内/大人400円・中高生200円・小学生以下無料)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ニッポンの夜明けぜよ!」坂本龍馬の特大パネルの展示も。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その他にも、お吉が題材となった舞台などのポスターの展示もあります。見応えたっぷりです。

 

お吉まつりの芸能大会

お吉まつり芸者

お吉まつりの法要後は、場所を移して宝福寺隣にある下田市民文化会館で芸能大会が行われ、芸者さんたちなどが歌や踊りを披露します。

お吉まつり芸者

その後、子供たちによる唄や圧巻の津軽三味線の演奏なども行われ、お吉まつりは大盛況。

きっと天国のお吉も喜んでいることでしょう。

 

宝福寺 詳細データ

宝福寺

基本情報

住所

静岡県下田市1-18-26

アクセス

伊東マリンタウンより車で約90分

お問合わせ

宝福寺

お祭り

毎年3月27日(お吉の命日)に、お吉祭り開催されます。

A子の取材
レポート①

開国の裏におんなの歴史あり「宝福寺 唐人お吉記念館」

A子の取材
レポート②

 宝福寺

周辺情報

唐人お吉記念館 下田海中水族館 下田開国博物館