大好き伊豆ナビ

伊豆の海も♪海中写真家・伊藤勝敏氏写真展★池田20世紀美術館★

伊藤勝敏さん

 A子

こんにちは!東京出身のA子です。

伊豆高原にある池田20世紀美術館にて、

「素顔の海」伊藤勝敏 ・海中写真展

が期間限定で開催されています(2017年6月29日~10月10日)

伊豆の海の写真も多数あるとのこと。伊豆に住むA子には、見逃せません

池田20世紀美術館

伊東マリンタウンから車で約30分の池田20世紀美術館。

こちらの美術館には、ダリ、ピカソ、ルノアール、シャガール、ムンクなど、世界の巨匠の作品が約80点が、常設展示されているすごい美術館です 

特派員A子の「池田20世紀美術館」取材レポートはこちら>>>

池田20世紀美術館

素敵な喫茶コーナーもある大人の美術館

大人の男を演出する(?)当駅ホームページのレアキャラ道野駅夫。

伊藤勝敏さん

特別展示室にて「素顔の海 伊藤勝敏 海中写真展」開催中です

(開催期間:2017年6月29日~10月10日)

伊東市制施行70周年記念した特別展なのです

伊藤勝敏さん

海中写真家(ネイチャー写真家)の伊藤勝敏氏・ご本人に直撃インタビューさせて頂きました

海中写真家というと堅そうなイメージですが、伊藤氏は色んな体験談などを、おもしろおかしく話してくださる素敵紳士です

伊藤氏は、日本の海中写真家の草分け的存在で、数々の賞を受賞。多くの著書を出版されています。先日は、なんと米国アップル社からもウェブ写真集発売の依頼があったという、国際的な写真家

伊藤氏は大阪生まれ、大阪育ち。大阪の材木関係の出版社に就職し「海の植木(わかめなど)を撮影してこい!」と当時上司に言われたのがきっかけで、海中写真家の世界に入ったとのこと。(すごい無茶ぶりな上司だ

伊藤勝敏さん

その無茶ぶりな上司の命令で潜った丹後半島の色とりどりな海中の世界に感動し、海中写真家の道へ進んだそうです

海中写真の世界に入って40年。

伊藤氏のみずみすしい感性で撮影された約100点の作品を展示。

色彩豊かな海中世界が広がります

伊藤勝敏さん

展示テーマ別に分けられています。

こちらは、赤や紫、黄、緑など鮮やかな色の生き物がテーマの「海中彩色劇場」

海の中って、こんなに色があるんだ感動~

伊豆に暮らすA子、毎日海を見ていますが、地上からではこんな世界は、想像もつかない…

伊藤勝敏さん

私たちが暮らす地上では、普段気づかない海中の生き物たち

でも、同じ空気を吸っている同じ地球上の仲間同士。

気づかなくても互いに「つながっているんです」と伊藤氏は言います

伊藤勝敏さん

海の中は別世界のようですが、同じ時間を同じ空間で生きる同じ仲間

素敵な写真を見ていると素直にそう感じます。

伊藤勝敏さん

お花畑みたいなサンゴ!! 

こちらは、西伊豆の海で撮影された写真。

現在は、活動の拠点を伊豆に移している伊藤氏。(伊豆に引っ越した理由が「ウツボの全身を撮りたかったから」とユニーク。)

写真展では、伊豆の海で撮られた数多くの写真も展示されています

それを伊豆の美術館で観られるとは、なんという贅沢だ

伊藤勝敏さん

いつもテーマ性をもって撮影しているという伊藤氏の作品は、流れるような物語性を感じます。

伊藤勝敏さん

ぱくっ。

こんな衝撃映像も( ゚Д゚)・・・多数あり。

伊藤勝敏さん

ギラーン

迫力満点!サメの目!どうやって撮ったのでしょうか

夏休みに来館した子供たちが展示を見てキャーキャー言うのが目に浮かびます

伊藤勝敏さん

海の中へ捨てられた廃品を利用して暮らす、海の生物たちを紹介した「廃物だってマイホーム」のコーナー。

伊藤勝敏さん

空き缶の中で子育てするハゼの夫婦。かわいい…でも、海にゴミを捨てるなんて絶対ダメ

環境問題を考えさせられます。

写真横に書かれた紹介文「空カン暮らしの住み心地は?」にもわかるように、こんな考えさせられるテーマにも決して悲壮感はなく、伊藤氏は、愛情を持って軽やかに今ある現実を紹介してくださいます。

伊藤勝敏さん

これは貴重!実際に撮影で使われてる機材も展示されています

伊藤勝敏さん

ミュージアムショップでは、伊藤氏の著書や写真などが販売されています

どの写真も美しく目移りしちゃいます

伊藤勝敏さん

伊豆の海の本も販売中

伊豆でダイビングをするダイバーさんたちにも超絶人気の一冊だそうです

伊藤勝敏さん

海中に暮らす生物も、陸に暮らす私たちも同じ仲間

環境汚染などの問題は、人間が作り出したものですが、その中でも健気に懸命に生きる海中の生き物たち。そこから生きる知恵を学ぶ人間たち。

「すべてがつながっている」ことが実感できる、素敵な写真展です

この夏、ぜったいおススメです。ぜひ足をお運びください

 

池田20世紀美術館「素顔の海」伊藤勝敏・海中写真展

main

会 期 2017年6月29日(木)~10月10日(火)

 

★伊藤勝敏ギャラリートーク★

7月22日(土) 午後1時30分~2時30分[会場展示室]

伊藤氏の軽快なトークを生で聴くチャンスです

 

池田20世紀美術館 詳細データ

住所 静岡県伊東市十足(とおたり)614

営業時間 9:00〜17:00

料金 大人 1,000円 高校生 700円 小・中学生500円

定休日 水曜日(祝日、7・8月、年末年始は開館)

駐車場 50台(無料)

アクセス 伊東マリンタウンより車で約25分

HP池田20世紀美術館

 

当駅「日帰り天然シーサイドスパ」でも展示させて頂いてます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

池田20世紀美術館、伊藤勝敏氏ご厚意により、当駅「日帰り天然温泉シーサイドスパ」館内でも、期間中写真を展示させて頂いています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観覧のみのお立ち寄りもOK!(観覧のみの場合、入館料はかかりません。)

館内では、食事のみの利用もできる「マリーナ展望レストラン」もあります

※食事のみのご利用の場合、入館料は不要。

ぜひお立ち寄りくださいね

当駅内の展示に関するお問合せ:日帰り天然温泉シーサイドスパ 0557-38-1811

 

 

(この記事は、2017年7月に書かれました。)