観光案内所

9/11(金)伊東マリンタウンにて津波避難訓練をしました。

外観海側調整済

2015年9月11日(金)

アメリカで同時多発テロが起きたこの日、忘れてはいけません。

日本では、2011年3月11日に、東日本大震災が起きました。

伊東マリンタウンのある伊豆も、津波は他人事ではありません。

いつ何時にも備え 、お客様の安全を第一に

従業員全員が防災の意識を持つため、

伊東マリンタウンでは、この日津波避難訓練を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 津波が起きたことを、館内放送で全館にお知らせをします。

※訓練です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊東マリンタウンの津波避難ルートは、2通りあります。

≪避難ルート1≫

伊東マリンタウン、メイン入口から出発。

迅速に建物の外に出て、国道135号線を渡り、

ファッションセンターしまむらさんの横を抜け、旧国道135号線を渡り

山側の高台へ避難します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 迅速に高台を目指していきます。

※訓練です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山道を登っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

集合場所に到着。ここまでの所要時間約9分。

実際は、もう少し早めに到着することが求められます。

時間を短縮することが、一番肝心です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に、≪避難ルート2≫ の確認のため移動します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

避難ルート2は、

伊東マリンタウンの一番下田寄りの建物

日帰り天然温泉シーサイドスパのある、スパ棟前から避難します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 「湯」の文字が見えるのが、シーサイドスパの建物(スパ棟)です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

避難訓練後は、開店前の館内2F「海辺の食卓(フードコート)」にて

勉強会を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

室内にいるとき、地震の発生を想定して、身を守る基本的な行動

「まず低く、頭を守り、動かない。」を実践しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 津波避難訓練を通じて、改めて訓練の大切さを学んだ従業員一同。

万が一の時に備え、お客様の安全を守るため、

従業員一同、努めてまいります。

 

防災まめ知識

●室内にいるとき地震が発生したら、その場で安全確保行動「まず低く、頭を守り、動かない」を実践しましょう。揺れ止まるまで動かずじっとしていましょう。

●外出中に地震が発生したら、まず、ビル、木、電柱から離れた場所を探し、そこで安全確保行動「まず低く、頭を守り、動かない」を実践しましょう。揺れ止まるまで動かずじっとしていましょう

●運転中に地震が発生したら、周りに何もない場所に停車し、シートベルトを締めて地震が終わるまでそこで停止しましょう。