3/11(金)伊東マリンタウンにて津波避難訓練をしました。

1.外観全景

2011年3月11日に、東日本大震災が起きました。

伊東マリンタウンのある伊豆も、津波は他人事ではありません。

いつ何時にも備え 、お客様の安全を第一に

従業員全員が防災の意識を持つため、

2016年3月11日(金)

伊東マリンタウンでは、この日津波避難訓練を行いました。

DSCN0810-1

開店前の館内2F「海辺の食卓(フードコート)」へ集合するスタッフ。

これから避難訓練が始まります。

まずは、伊東マリンタウン常務による挨拶。

DSCN0812-1

続いて伊東警察署の署員の方からの講話です。

DSCN0813-1

みんな真剣に耳を傾けます。

DSCN0815-1

地震が起きた時の安全確保の訓練(シェイクアウト訓練)。

室内にいるとき、地震の発生を想定して、身を守る基本的な行動

「まず低く、頭を守り、動かない。」を実践しました。

DSCN0821-1

続いて、営業時間内に地震が起きたことを想定した避難訓練を

スタッフとお客様役に分かれて行いました。

DSCN0823-1

お客様を避難場所の駐車場まで安全に誘導する避難訓練です。

DSCN0832-1

当日は、あいにくの雨でしたが、迅速に避難することができました。

※訓練です。

DSCN0840-

 津波避難訓練を通じて、改めて訓練の大切さを学んだ従業員一同。

万が一の時に備え、お客様の安全を守るため、

従業員一同、努めてまいります。

防災まめ知識

●室内にいるとき地震が発生したら、その場で安全確保行動「まず低く、頭を守り、動かない」を実践しましょう。揺れ止まるまで動かずじっとしていましょう。

●外出中に地震が発生したら、まず、ビル、木、電柱から離れた場所を探し、そこで安全確保行動「まず低く、頭を守り、動かない」を実践しましょう。揺れ止まるまで動かずじっとしていましょう

●運転中に地震が発生したら、周りに何もない場所に停車し、シートベルトを締めて地震が終わるまでそこで停止しましょう。