おめでとう!ボッチャ銀メダル!杉村主将(伊東市出身)

 20160915110446_001-jpg-1

 2016年9月13日

リオデジャネイロ・パラリンピック、ボッチャ競技団体戦で

伊東市出身で伊豆介護センター職員の杉村英孝主将が率いる日本代表チーム

「火ノ玉ジャパン」が、日本勢初の銀メダルを獲得しました

日本ボッチャ競技史上初のメダル獲得

伊東市出身者のオリンピック・パラリンピックを通じて初めてのメダル獲得です

おめでとうございます

002_size4

銀メダル獲得に沸く地元!伊東市役所

 ボッチャ団体戦は、12カ国が出場し、3チームごとのリーグ戦を行いました。

日本(世界ランキング7位)はオランダに6−3、英国に10−4で勝ち、組を首位で通過。

上位8カ国による決勝トーナメントへ進み、世界ランキング1位で前回覇者のタイに敗れましたが

見事銀メダルを獲得しました。

 

ボッチャとは

ボッチャは、重度脳性まひや四肢機能に重度の障害がある選手が球を転がすなどして、

ジャックボール(目標球)に近づけることを競うスポーツ。

団体戦は1人2投、全6投で1エンド、全6エンドで勝敗を決める。

<伊豆新聞より抜粋>