雨の日でも遊べる

象牙と石の彫刻美術館〜ジュエルピア〜

〜伊東マリンタウンから車で約25分〜

rowboxtop_img.alt
象牙と石の彫刻美術館〜ジュエルピア〜

2014年9月1日、西伊豆・土肥から伊豆高原に移転オープンした、象牙と石の彫刻美術館〜ジュエルピア〜

東洋の象牙彫刻100点を中心に、世界最大の宝石屏風や翡翠彫刻などの美術品を収蔵しています。

展示作品は約270点。そのいずれもが国宝級!
ワシントン条約により象牙の輸入が禁じられた今、こんな数をみられるのは世界的にここだけなんです!

rowboxtop_img.alt

早速入りまーす!

rowboxtop_img.alt

わ〜きれい!!

rowboxtop_img.alt

いきなり巨大な牙〜!!これこそ象牙!

普通は折れてしまうので、完璧な形で残っているのは貴重なんだそう。

rowboxtop_img.alt

アフリカの像の牙なのか…。なんと重量47キロ!!!
アフリカの象、恐るべし。。。

rowboxtop_img.alt

中国から輸入された作品。

遠目にみると一本の象牙を彫っているのがわかりますね。。。
細かい!!!

rowboxtop_img.alt

龍のひげの細いことっ!!
すべて象牙でできているとは、間近で見ても信じられないくらい…。
中国の職人さん、、、すごすぎる。

こちらも一本の象牙から作られたという作品。

説明によると中国の古典「紅楼夢」のワンシーンを表現した作品だそう。
これを、あえて象牙で表現しようと思った中国の職人さんのスケールハンパない!!!

rowboxtop_img.alt

つづいて…こちらは「玉帝巡東海」という作品。
細かーーーーい!感動っ!!!

rowboxtop_img.alt

なんと親子2代かかって製作されたもの。
親子2代が一生をかけて作ったという人生に、さらに感動。。

rowboxtop_img.alt

皇帝のお供の女官たち。衣装や旗が、本当に風が吹いているみたい!
幻想的〜!中国歴史ロマンだわ〜。

rowboxtop_img.alt

イキイキと掘られた女官たち。楽しそう〜!この世界に入りたい。
手には手相も掘られているそう。
肉眼では見えないくらいの細かい技!!

rowboxtop_img.alt

ハープの弦の一本一本も、メイドイン象牙!!
折れてしまいそう!!この職人技にも脱帽だけど、保管しているこちらの美術館の保存力もすごいです。
こんな繊細な彫刻、生まれて初めて見たーーーーー!!!!!

rowboxtop_img.alt

つづいて、もっとすごい象牙彫刻キター!!!
『娯楽昇平』という作品で、なんと親子3代かけて製作された作品で、ワシントン条約前に日本にやってきた最後の作品と言われています。

なんと、遠近法を用いて作られた作品で奥行きを感じられるんです。
ぜひこれは直にご覧頂きたい!!!

こちらの灯籠は明かりが実際につけられるそう。凝ってる!!
(展示では消してあります。)

こちらは小さめな象牙彫刻。三国志のワンシーンがモチーフです。

小さいので、よけいに細かい!!躍動感のある戦闘シーンにドキドキ。

三国志の戦闘シーンから打って変わってかわいらしいボクちゃんの彫刻も。

蟹小僧?ナイスなネーミングですね。中国象牙彫刻展で優秀賞を受賞したらしいけど…

rowboxtop_img.alt

かっ…籠の中に蟹が!!!蟹がーーーー!!!
どうやって彫ったの???!!!
なるほど、これは優秀賞だ!!籠の編み目も細かい〜!

rowboxtop_img.alt

ちょっと場所移動を移動して、石の彫刻エリアへ。

rowboxtop_img.alt

つづいて、こちらは翡翠のベッド!!
素敵〜♪ 中国のお姫様ベッドだーーー♡

rowboxtop_img.alt

こちらは1本の木で創り上げた彫刻作品。

色彩鮮やかな桃の彫刻。本物の桃みたいで美味しそう!

空洞にした石の内側に色を塗って製作したものだそう。これだけの桃を作るには、すごい時間と労力がいるんだろうな。

こちらはひとつの石に彫刻を施した作品。

天然石の色と模様に合わせて予めデザインをし、彫り上げた作品だそう。すごい想像力と制作力!ひとつの石なので、失敗が許されないんだろうな…ひえー
中にはありがたい中国の神様が。

rowboxtop_img.alt

これは必見!!108枚からなる「楊貴妃物語」
色々な宝石貴石を組み合わせて作られた屏風で、楊貴妃の一生を表現しています。

すべて宝石貴石でできているとは信じられないくらい精密です。

色とりどりの石が貼り合わされてこんなすごい絵が完成してます!!

rowboxtop_img.alt

つづいて中国といえばコレ!
みんな大好き西遊記のコーナー♪

rowboxtop_img.alt

躍動感のある名シーン!
孫悟空が一本の毛から分身を作って闘うシーン!かっこいい!

この西遊記の石の屏風は、もともとは個人の家の観賞用にあつらえたものだとか…。
どんだけ広いんだ、中国の人の家…。

展示を見終わってやってきたのは体験コーナー♪

わー!きれいな石やビーズがいっぱい!
好きな石を選んでブレスレットを有料で作れます♡

rowboxtop_img.alt

こちらは、スイーツデコが作れるコーナー。

rowboxtop_img.alt

いろんなトッピングが選べてこんな可愛いスイーツデコが作れちゃう。

窓に吊るして光を集めるサンキャッチャーも製作体験できます。

パーツもキラキラしててとってもかわいい♡
女子力があがります!

rowboxtop_img.alt

とにかく「すばらしい!」の一言につきる作品の数々。

中国の歴史に思いをはせつつ、中国の伝統美術の奥深さに感動・感動・感動でした!!!

こんなハイレベルな芸術作品が、ここ伊豆で見られるとは!

こちらのコレクションは、台湾の故宮博物館をしのぐとも言われており、本場中国のコレクターの方々も垂涎のまなざしを送っているそう。

ワシントン条約が施行された今、これだけの象牙作品を見られるのは、ここしかありません!!

ぜひ、お運び下さい!
すごいスケールの中国の情熱が待っています!!

象牙と石の彫刻美術館〜ジュエルピア〜 詳細データ
住所 静岡県伊東市富戸1096-1
電話番号 0557-48-7777
営業時間 9:00~17:00 年中無休
料金 大人:1,200円 子ども600円
定休日 年中無休 12月7月にメンテナンス休館有り
アクセス 伊東マリンタウンより車で約25分
HP 象牙と石の彫刻美術館

TOP