雨の日でも遊べる

開国の裏におんなの歴史あり「宝福寺 唐人お吉記念館」

rowboxtop_img.alt

〜伊東マリンタウンから車で約90分〜

宝福寺 唐人お吉(とうじんおきち)記念館
下田では知らない人はいない、幕末の元芸者さんの「唐人お吉」が眠り、坂本龍馬が旅立って行ったというお寺です。

rowboxtop_img.alt

特大・龍馬さまがお出迎え〜!
なぜ龍馬?なのかは、のちほど明らかに!

お寺に併設された「唐人お吉記念館」の中へ

入口を入るとすぐにお吉の祭壇が。

rowboxtop_img.alt

19歳のお吉と云われる写真

お吉は、幕末の米国総領事、「タウンゼント・ハリス」に仕えた元芸者さんです。
当時下田一の売れっ子芸者だったお吉さん。
お国の命で開国のための重要な役割となるため、婚約者と別れてハリスに仕えることになったそうです。

しかしハリスに仕えたのち、「唐人の世話をした」ということで、壮絶な差別を受けたそうです。
(「唐人お吉」は、日本人のお吉に対する蔑称)

そして最期は、入水自殺をしてしまったそうです。
ううっ…悲しすぎる(T-T)

身寄りのなかったお吉を、当時の宝福寺の住職が弔ったことから宝福寺にお吉のお墓があるのです。

rowboxtop_img.alt

本物のお吉のお墓です。

rowboxtop_img.alt

こちらは、お吉を演じた女優さんがに建てた立派なお墓。

しみじみしているところにネコ
境内にはネコがいっぱいいました。

ボケ防止のお地蔵さまにもお参り

rowboxtop_img.alt

つづいて館内へ

坂東玉三郎をはじめとした多くの役者さんがお吉を演じたそう。

お吉は、多くの著名人を魅了してます。

その隣は、絵で見るお吉の一生の展示コーナー。
どんどん貧乏になっていくお吉…

婚約者だった鶴丸とお吉の絵。
好きな人と別れるのは、つらい

rowboxtop_img.alt

お吉に関する展示のコーナーに来ました。
左にあるのは、お吉の着物。

お吉さんを弔った当時のご住職。いい人ですね。

お吉が使ったかんざし類。さすが芸者さん!おしゃれだ〜♡

坂本龍馬と下田物語

さて次は、坂本龍馬!
なぜ、下田の宝福寺で龍馬?!

実は、ここ宝福寺で龍馬の脱藩が許されたそうです!!

ええーー!そんな歴史的大事件がここで!?

そう宝福寺には、坂本龍馬が脱藩の罪を許された、 勝海舟と第15代土佐藩主山内容堂の「謁見の間」が現存してるんです。

rowboxtop_img.alt

龍馬に関する展示がいっぱい!

rowboxtop_img.alt

こっ…これが謁見の間!!
ここで、日本史上重大な決定が下された!!

龍馬の掛け軸の下に…

なんと!勝海舟が交わした盃。
お酒を飲んで、脱藩を許す約束をしてもらったそう。

rowboxtop_img.alt

お酒が入ってたひょうたんも現存。
お酒を交わして脱藩許してもらえるって…?!
だって脱藩って当時死刑だよ。。。罪が重いんだか軽いんだか…

rowboxtop_img.alt

歴史の陰に隠れた唐人お吉に涙し龍馬の飛躍に胸躍る。
ときは幕末、下田が日本の激動の中心だったことが手に取るようにわかる記念館でした。
とにかく現存している物の多さに驚き!一見の価値がありです!!

お土産さん。お吉、龍馬グッズもあり。

詳細データ
住所 静岡県下田市1-18-26
電話番号 0558-22-0960
営業時間 8:00〜17:00
料金 大人400円 中・高校生200円 小学生以下無料
定休日 年中無休
アクセス 伊東マリンタウンより車で約90分
HP 宝福寺 唐人お吉記念館

TOP